ブログ

国際理解をSDGsで学ぼう!/都立八王子拓真高等学校 ~SDGsワークショップ開催報告~

◆都立八王子拓真高等学校(2018年1月実施) 参加人数:約200名

2018年1月に、都立八王子拓真高等学校で卒業を控えた生徒約200名にSDGsワークショップを開催いたしました。 国語科の中村早知先生が、弊社のSDGs カードコーチング体験会にご参加くださったのが開催のきっかけです。弊社の体験会に感銘を受け、「これは絶対に高校生に知ってほしい」と、 国際理解教育の一環としてご採用いただきました。

ワークショップは顔見知りのクラス単位ではなく、クラスを織り交ぜての実施だったため、何をするんだろう?と頭の中に「?」を抱えたまま、生徒の皆さんが会場に集まりました。

ワークショップで心を開くには、安心・安全な場つくりがかかせません。まずは、その場作りからはじめ、カードを用いた自己紹介。皆さん、慣れない事に取り組んで、若干恥ずかしそうでした。続いて、チームを作り、SDGsのゲーム説明からゲームに入ると、最初は不思議そうな表情の生徒さん達も、2030年の世界を創るために、仲間と考え、話し合い、行動を起こし始め、ゲーム後半は教室が1つの世界となり熱気にあふれていました。

 

初めて耳にするSDGsがどんなものかを理解し、自分にも関係があるんだと気づいてくださった生徒さんが多く、「楽しかった」「自分の将来を今まで考えたことがなかったが考えることができて良かった」「私でもなにかできることがわかった」など、とても前向きな感想をたくさんいただきました。

 

私たちもたくさんの生徒や先生方との交流を通じて、皆さんのこれからに関われたご縁を大変嬉しく思っております。これからも、多くの方々が自分の中に持っている「夢」に気づくワークショップを継続して開催して参ります。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る