ブログ

SDGsを事業と関連付ける/製薬企業 ~SDGsワークショップ開催報告~

 

◆大手製薬企業様(2018年6月開催) 参加人数:13名

SDGsの基本的理解と社内の課題とを結びつけて考えるために、今後社内でワークショップをするための体験会として、関連部署の方々にご参加いただきました。

できるだけチームで話し合いながら進めていただくため2人6チーム、3テーブルで世界をつくっていきました。

弊社のSDGsワークショップでは、まずSDGsの本質をゲームで体感した後、自己(個人や仲間、組織)との関連を探り、日常生活への具体的なアクションにつなげていきます。

SDGsの本質を体験するゲームでは、一時何もできなくなってしまうチームが現れましたが、ある時からいろんなチームが自分たちに協力してくれて目標を達成できた。
「こんな事で達成していいの?」と思っていたら、「それは貧困の人には誰かが手を差し伸べないと、自力ではなかなか抜け出せないことを意味しているんじゃないか?」という振り返りでなるほど~と納得した。という大きな気づきも。
ゲーム前半では環境がどんどん悪化していましたが、後半どんどん協力し合う様子が見られ、最後には素晴らしい世界をつくりあげていただきました。

また自分事化するコーチングセッションではそれぞれ理想とする2030年を思い描き、今まで気づかなかった新たな行動計画なども発表していただきました。

参加者からの声として
・SDGsと世界の繋がりが良く分かった。
・先進国と発展途上国が協力することで、地球全体の課題を解決できる流れが良く分かった。
・他人事であったSDGsを自分事にすることができた。
・企業や自社とのマッチングが難しい部分もあるが、今後、取り組なければならない課題だと思った。
等があがっています。

チームイノベーションは、組織開発に特化したSDGsゲームワークショップについて日本で最も実績の多い会社です。SDGsゲームとコーチングによって、SDGsを自分ごと化し、世界をよくする自分らしいビジョンづくりを推進しています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る